読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

学童初日

元保育園児の新一年生の生活は、まず学童から始まる。

しかも学校はまだ始まっていないので、丸一日学童からスタートなんである。

保育園の慣らし保育よりハードル高いぜ…。

 

開所時間は我が家の場合、

保育園:朝7時~夜延長して19時まで

学童:朝8時~夜延長して19時半まで

ということになるので、トータルでみると保育園最強。

しかも、息子はまだ保育園児なので結局のところお迎え時間はずらせないし。

 

そんなわけで、朝は旦那が遅めに開所時間ギリギリに娘を学童に送り出し

夜は私が娘&息子をピックアップということで初日はスタートした。

 

学童は保育園と違って給食が出ない。

なので朝はお弁当作りから始まる。なぜか親の私の方が興奮してるのか

朝4時に目が覚めてしまい、眠い目をこすりながらお弁当を作った。

ほぼ冷凍食品なのに、慣れないから時間かかった…。

 

子供たちを起こして、着替えさせる。

学童は保育園と違ってスカートや飾りのついたゴムがOKになるため

娘はお気に入りのひらひらスカートをチョイス。

そしてお弁当を託して私は出社した。

 

昼休みの間もそわそわして落ち着かない。

そうそう、慣らし保育の時もこんなんだったなー。

泣いてるとかの心配はないけれど、なじめているんだろうか。

楽しめているんだろうか、といろんな想いがよぎる。

 

ようやく退社時間になり、ダッシュで学童にお迎えに行く。

娘は私を見つけ、一番に「えーーーーはやいーーーー」と文句。

 

この一言が全く保育園と同じで安堵と共に苦笑いしてしまった。

とにかく、とても楽しく過ごせたようだ。

 

その後息子のお迎えにも行き、息子も新しいクラスで難なくなじんで

落ち着いて生活できた模様。

 

帰り道に何をしたの?と聞くと2回も公園に行ったり

新しいお友達と遊んだり、とにかくずっと遊びっぱなしだったとのこと。

 

印象的なのが、学童指導員の先生のことはあだ名で呼んでいるそう。

そして、先生も娘のことは○○ちゃん、と下の名前で呼んでくれるそうだ。

学校とも保育園とも違う距離感で、ここが娘にとって居心地の

良い場所になればいいなあ…。

 

そんなわけで、学童初日は親の杞憂をよそに、順調にスタートしたのである…

 

と、書きたいところですが、そう簡単に終わらせてくれなかった。

 

夕飯を食べ終わったら眠いと言って横たわった娘。

しばらく寝かせたけどお風呂もまだなので、頃合いを見て起こした。

 

これが失敗で寝起き最悪な娘、2歳児かと思うくらいのギャン泣き。

風呂場に連れて行っても興奮はおさまらず、

叫び、吠えながら周り中のものを、叩きつけ、髪の毛をむしり、自分の肌を爪を立ててかきむしる。

 

あまりの発狂状態なので、流石に危険と判断し先に息子の方を風呂からあげて

発狂する娘を抱っこして落ち着くまで無言で抱きしめ続けた。

 

数十分すると次第に娘は落ち着きを取り戻した。

 

落ち着いた娘に聞くと、グミを食べてからママとだけ一緒にお風呂に入りたかった、とのこと。

 

普段我慢できることができなくなるくらい、娘も頑張ってたのだ。

 

とりあえず、明日は寝落ちしても声かけるのはやめようと思ったのでした。

 

 

 

友達100人作る気はないらしい

4月になりました。娘は今週入学式を控えています。

 

通っている保育園のお別れ会や、0歳代からのママ友たちとのランチ

新しく一緒に学童に通うことになるであろう、

同じ地域の新一年生との顔合わせなど、娘関連のイベントが盛り沢山な週末でした。

 

普段は、娘と同じ年頃の子の交流をじっくり観察する機会はないので

この週末は新たな娘の一面を週末でもありました。

 

というのも、保育園のお別れ会では

みんなで段ボールハウスを作って遊んだのですが

娘は自分のハウスを一生懸命作り、ここは私のおうち!と自己主張しまくり。

仲良い子しかいれず、独占欲満載です。表札まで作ってたし…(笑)

 

そして、0歳代のお友達とは久しぶりの再会で、男女ともに

いたのですが、どうにも男子の遊びと自分の中のルールがかみ合わないらしく

入ってほしくないところに入られた、自分が遊んでいるおもちゃを

触られた・動かされた、ということで耐えられず頭をかきむしり悶えた結果

1人寝室にこもってしまいました。

 

しばらくしたら落ち着いたのと、女の子たちが「遊ぼう」と声をかけたので

なんとか遊びの輪に戻れましたが、そこからはぶつぶつと

「男の子きらい、男の子やだ」と繰り返しつぶやいてました。

 

そして、同じ地域で同じ学童の新一年生の子たちは娘を含めて女の子3人。

1人はほぼ初対面だったけど、あっという間に仲良くなり

明日から一緒に学童へ行こうね!と熱く誓い合ってました。

ただし、3人という人数は難しい人数です。

どうしても2人と1人と別れてしまいがち。特に女子ならなおさら。

 

ということで、「学童にもまだまだ女の子いるし、たくさん

お友達できるね」と声をかけたのですが

「やだ!3人だけでいい、この3人で遊ぶ」とのこと。

 

それぞれのエピソードをまとめてみると

娘は遊びや関わりに自分のルールがあり、それを崩すような付き合いは

受け入れられない。少人数で、自分が認めた人とだけ遊びたいタイプ。

わが娘ながらなかなか難しいタイプだなーと思います。

 

大きく環境が変わるこの新生活、娘にとっては

ストレスになりそうな予感がいっぱい…。

 

ただ、友達関係については娘自身が切り開いていくしかない部分も

大きいので、過度に干渉しないように娘の特性をうまくサポートして

いけたらと思っています。

 

って実際具体的にどうしたら!ってのはまだないんですけどね。

親も子供もそわそわな4月のスタートです。

多動の本領発揮。娘を恥ずかしいと思うきもち。

いよいよ保育園生活もあと1週間をきりました。

まだなんだか信じられないような、ふわふわした気持ち。

 

そんな中、同じ通学路の地域の子供たちの顔合わせの会が

ありましたので参加してきました。

 

集まった部屋ではところ狭しと新1年生たちが

きゃあきゃあ言って走り回ってました。

娘もその輪に加わりはしゃぎまくり。

 

開始時間になったので、みんな親子セットになって

輪になって自己紹介タイムです。

それぞれの母親が遊んでいる我が子に声をかけ

ペアになって座っていきます。

 

そんな中、娘はどうもスイッチが入ってしまったようで

遊びを止められず。しかしとうとう娘以外は全員座って

しまったので、半ば無理やり抱きしめて座らせました。(ほぼ羽交い締め)

 

それでも娘はうずうずとしていて、ことごとく私の手を振り払い

同じ保育園にいたお友達のお母さんにタックルして抱きついたり

全く空気読まず、お友達に「◯◯ちゃーん」と言って隣にぴったり

くっついてちょっかい出したり。

 

そのたんびに娘を引っぺがし座らせるように誘導したけど

娘は「やだーーーー(笑)」と大声をあげて反抗しまくり。

 

自己紹介の順番が回ってきたので、さっくりと自己紹介をして、

もともと習い事の予定が後に入っていたので、そそくさと退出してきました。

 

退出した後に娘に「ああいう場で騒いでたのはあなただけだったよ、

それに気づいてた?」と問うと、「分からなかった」と。

 

娘の多動は喜怒哀楽で特に「喜」が一番顕著に出る。

たくさんのお友達がいるし、保育園の知っている子もいたので

とっても嬉しかったんだろうなあ。わかるよ、わかるんだけどね。

 

「みんなが静かに座っている時に大声で騒いだり走り回ったりしていいんだっけ?」

と聞くと「だめーーー」と。そう、落ち着いてさえいれば、

していいことと悪いことの判断はできる娘だ。

 

スイッチが入ってしまったら全体の空気が読めなくなってしまう娘。

そんな娘に、一番仲の良いお友達のことをよく観察して、その子が

静かに座ったら自分も座るように真似してごらん、とアドバイスする。

これが効くかどうかはなんともだが…。

 

それにしても、本当にいたたまれなかったし正直娘を恥ずかしいとさえ

思ってしまった。娘は娘だし、私とは別の人間ってわかっているんだけど。

 

娘の特性を理解してサポートしていくのが親の務めなんだろうけど

ゆっくり話聞かせることができないシーンだと、早く落ち着かせなきゃと

思ってしまい、私自身も焦ってパニックになって、イライラしたりしてしまう。

 

今日あの場にいた人たちはみんなどのように思ったのだろうか。

入学式も今日みたいなスイッチが入ってしまうのではないか。

 

今更ながらに不安な気持ちになってしまった。

 

 

息子よ、お前もか

息子は現在4歳年少さん。

進級もあとわずかというこの時期に保育園から面談を打診されました。

 

ん?この展開ってまさか…

 

面談当日。

息子は主に生活面において、困りごとが多く見られるとのこと。

  • 朝の活動前のお支度に時間がかかる、または促さないとやらない
  • 給食の野菜が苦手で食べるのに時間がかかる
  • ペアを組んでやる表現活動は保育士と一緒にやりたがり活動中も甘えまくる
  • 上記を含めて、うまくできなかったりするとしゃがみこんでふて腐れる
  • 一度ふて腐れると、切り替えが難しく時間がかかる
  • ふて腐れる時にフォローしても物を投げつけたりして抵抗する

上記のフォローで、保育士側としてはゆっくり見守ったり

じっくり声かけしたりして対応をしてくれているようだけど

どうしても個別につく必要性が多いため、加配をつけていきたいそうだ。

 

ちょっとこの展開予想してなかったので、内心

「えええええまじでえええええ」という気持ちでいっぱいだったのですが

まあ娘のことで免疫がついたというかなんというか

「ほおほお、それでしたら息子の成長のために加配つけてもらったら

よろしかろう」という気持ちになりまして

それで、加配をお願いすることになりました。

 

とは言っても、加配つけるって保護者はどうすればいいの?

と思いましたが、とりあえず同意書にサインをするだけで

あとは保育園が自治体に申請するそうです。

 

申請する際に、自治体の担当者が発達面で加配が必要かどうか

保育園に来所して様子を見にくるらしいので、

その結果や判断は保護者にフィードバックされるのか

また、療育の必要性があるかどうかの判断も行われるのか

尋ねたのですが、その保育士もそこまではちょっと分からず…という感じでした。

 

そんなわけで、息子もまさかの急展開。

 

とはいえ、母のカンですが息子は精神面で娘より成長が遅く

娘が1歳半でみられたイヤイヤ期が息子の場合は2才後半ぐらいからで

今この切り替えの下手さ加減は世間でいうところの3歳の反抗期のような感じ。

なので、もう少しすれば落ち着くのではないかな〜と言ったところ。

 

確かに日常生活で困るシーンが多いのですが、それでも

娘と比較して凸凹加減はあまりみられない感じです。

 

それでもやっぱり一度発達面は専門家に診てもらったほうが

よさそうなので、とりあえず初診申込だけはしておこうと思います。

(どうせ数ヶ月待ちなのでさっさと済ませた方がよい)

 

ちなみに、こんな息子ですが娘とは違って

友人関係は良好とのこと。お友達同士のトラブルもなく

むしろブロック好きな息子の周りにはいつもお友達がいっぱいです。

それが少し救いかな。

 

それにしても、担任の保育士が面談の際に

申し訳なさそうに、辛そうに話をしてくれるので

ネガティブなことを言われてる感満載でちょっとぐったりしました。

(まあ実際ネガティブなんでしょうけれど)

 

その点、娘の通級担当の先生と初めて面談をした時に

すごくニコニコとしながら、「これは個人に特別のカウンセリングが

つくようなものなので、逆にとってもスペシャルなチャンスだと

思ってくださいね」と話され、すごく前向きに捉えられました。

話し方って大事…。

 

まあ、親としては子供のためにベストな環境を整えていくだけです。

子供達が健やかな日常をおくっていけますように…。

ってことで、頑張るぞー。

 

通級の面談

通級に進学するにあたって面談が行われ通級先の小学校に行ってきました。

親と子供は教室を分けられて、支援担当の先生と面談することに。

しばらく待っていると、にこやかに先生が現れた。

学校見学の時に説明してくれたあの先生だ。

 

するとその先生、すでに別部屋にいる娘と接触したらしく

その時の様子を話してくれた。

 

娘は、まず教室に入ると黒板をわざときーーーーと音とたてて引っ掻いたらしい。

そこで、その先生が「いい音だね~~~」と反応すると

がっくりうなだれたそうな(笑)

 

さらに、娘が耳あてをしていたのを、「素敵な耳あてだね。

とらなくてもいいからね~」と声をかけたところ

またもやがっくりしながら娘は耳あてをとって席についた模様。

 

大人を試す天邪鬼な娘の上をいく神対応にびっくり!

 

すでに先生は教育センター経由にてWISCの検査結果等の書類を

確認しているらしく、「なかなか楽しみなお子さんですね」と言っていた。

 

柔らかい物腰に、的確な質問、こちらが伝えようとしていることを

うまいことくみ取ってくれる先生で、そもそも通級に行かせた方が

娘のためになるんじゃないかと思ったのはこの先生がいたからというのも大きい。

 

どうも聞くところによると、通級に通う子供の数がどんどん増えており

いわく、ここの小学校に通うために引越してくる家庭もいるとのこと。

 

なんとなく、その親の気持ちが分かる様な気がした。

 

帰宅してから、その先生のことを調べてみると

支援教室の推進に貢献したとのことで、自治体から表彰されてた!

そりゃやっぱりすごい先生なわけだー。

 

さて、面談の話に戻るとここでビッグニュースが伝えられる。

なんと今年度から娘の通う小学校に支援担当の先生が巡回することになり

通級対応の拠点校であるこの小学校に通わなくてよくなるそう。

娘の通級送迎問題で悩んでいたけれど、これは本当にありがたい。

 

その代り、保護者会は年に1回、保護者面談は月1くらいで拠点校で行われる。

でも、毎週送迎に比べたら全然たいしたことない!

 

というわけで、娘は1つの小学校で通級と普通級を行き来することになる。

そこらへんの教室移動についてはさりげなく行き来できるように

サポートしてくれるとのこと。

 

改めて、成育歴や現在の困りごとについてヒアリングを行われ

緊急連絡先や子供の病歴などの書類が渡された。

 

通う小学校でも、同じような書類を記載するのだけど

やはり通級先で何かあったときのものとして

こちら側でも同様の書類の記入が必要らしい。

 

娘のクラス、担任の先生は4月になったらわかるみたい。

残念ながらこの支援担当の先生は全体を統括しているらしく

巡回コースの担当ではないみたいだけど…。

 

かっきり1時間の面談だったけれど、とても有意義な面談だった。

 

 

娘の卒園式

f:id:rynah:20170313124145j:image

 

先週末、娘の卒園式がありました。

 

去年同時期に娘は年中だったので、年長さんを送る側として

参加していたため、卒園式の歌を自宅でよく口ずさんでいたのですが、

その時点でうるうるしてしまっていたので、娘の卒園はさぞかし

大号泣であろう…と思っていました。

 

結果、じーんとすることはあれど涙は流せず…。

 

その理由は3つ。

 

  1. 卒園前に発覚した発達障害関連・入学準備のことなどで毎日が慌ただしかった
  2. 直前に娘がインフルエンザになり、練習も少なかったためきちんと式に参加できるかが心配だった
  3. 卒園式の保護者席の位置が悪かった

 

とくに最後の理由が大きかったです。

 

保護者席は指定席で名前順に並べてあるのですが、わりと人数が多い

保育園のため列もキチキチ。

卒業証書を受け取るために壇上にあがる以外はほぼほぼ

娘の顔を見ることができませんでした。

 

そんなわけで、少しでも娘の様子を見ようと人と人の隙間から

きょろきょろしてたため、感動する余裕もなく…。

 

まあそれでも、娘のお別れの言葉や歌声など聞くことはできたし

式の終了後のバルーンリリースなどは楽しく過ごせたし

お決まりの卒園式の看板の前で家族で写真もとれたし

おおむね満足な卒園式でしたけど(^^)

 

ちなみに保護者席では泣いているお母さんはもちろん

お父さんもいました。泣いているお父さんはみんな行事や

保育参観などの出席が積極的なお父さんで、やはり共に過ごした

時間があるからこその感慨なんだろうな~と思ったり。

 

さて、保育園が終わっても今日からまた日常の保育です(笑)

今年は3月31日が金曜日なので、その日が本当の最後の日になりますね。

残り少ない日数、娘が楽しい時間をすごせますように。

小児期「ADHDの正しい理解のために」の動画を視た感想

発達障害ADHD関連で検索したり情報収集していたりすると

関連した広告が表示されるようになる。いわゆるパーソナライズ広告ですね。

 

その中でも特によく表示されるのがコレ

www.youtube.com

先日ようやくこの動画を視たのですが…もう娘の小学校生活とダブりすぎて

不安しかありません(涙)

 

正直、発達障害と指摘されて診断をうけているとはいえ

娘の特性を個性と捉えてつきあってきた身ですから

もうすでに彼女の困りどころは予見できるし、こちらもある程度回避する

対処方法はあるわけです。

 

だからこそ、娘の特性に初めて触れるひとの戸惑いや困りどころの

予測がつかないのです。親だからこそ。

 

それがリアルな場面としてこの動画には提示されていました。

 

  • 朝起こしても起こしてもなかなか起きない(ここら辺は我が家の日常風景w)
  • 支度をしても他に気になることがあるとそれに気をとられてしまう
  • 借りたものを返すことを忘れる
  • 授業中でも他に気になることがあるとそちらに気がそれてしまう
  • みんなで遊ぼうとしても、先に自分自慢から始まってしまい輪に入れない
  • テレビに夢中になりすぎる
  • 気がとられてしまうと、危険なところでも予知ができない

わー…どれも娘に当てはまることばっかり。

 

この動画、正しい理解のために、というタイトルですが

こういう困りどころがありますよ、だからこういう手助けしてね、みたいな

結末がないんですよね。状況報告のみで終結してる。

 

それでも、こういう困りどころは本人の性格やしつけの悪さの問題ではなく

そういう病気なんですよ、というところは伝わるので

まずはそこの理解を啓蒙するという動画なのでしょう。

 

でも、理解のみの啓蒙だと正直厳しいかな。

現状は伝えた、あとは対応よろしく、だと伝えられた相手は

どう対応していいか分かりません。

 

発達障害児童本人・親ができることは、予測しうる困りどころとともに、

原因が病気であることと、そして現時点での

ベストな対応方法を伝えることかなって思います。