読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

3歳児健診

自治体でやっている3歳児健診は集合健診。

身体測定や内科・歯科など一通りやった後、希望者のみ個別相談が受けられる。

 

個別相談では、

・保育園からおとなしくしている場面で動き回ってしまうとの指摘あり

・癇癪が激しい

・気が強く、叱っても反抗してきたり叩いて歯向かってくる

など、現在の困りごとを伝えた。

 

担当のかたは、積み木を用いて娘に同じ形を作れるか指示。

大人の人にかまわれるのが大好きな娘は、機嫌よく同じ形を作っていた。

その他にも絵を見せて、何の絵か問うなどのテストを繰り返す。

 

総じて娘は大人しくニコニコしながら指示どうりに対応。

「すごいねー」って言われる度に、「いえーい」と嬉しそうにはしゃぐ。

 

テストが終わり、担当者に伝えられたのは

「今の様子を見ましたけれど、特に心配な点はみられません。

療育なども必要はないと考えています。

でも、もしまた不安に思ったり保育園から指摘されたら

またいつでもご相談にいらしてくださいね」と。

 

なんとなく「大丈夫かな?」って感じてた不安は

「なんだ、これがイヤイヤ期ってやつで個性ってやつかー」に変換され

安心した日々を送っていた。