読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

放課後デイサービス

我が家はフルタイム共働きのため、娘は保育園児である。

仕事は続ける予定なので、就学してからは学童にお世話になる気満々であった。

 

でもここにきて、発達障害児って果たして学童では

受け入れてもらえるのだろうか?という不安が…。

 

そこでいつもの通りgoogle先生に聞いてみると

なんとなんと、学校が終わったあとに障害児童が過ごすための

放課後デイサービスとやらがあるらしい…!

 

さっそく近隣のデイサービスを調べてみると

なんと、小学校よりも近くに発達障害児むけの放課後デイサービスが

あるじゃありませんか!

 

ただ、懸念点としては預かり時間である。

学童は延長して19時半までの預かりで、保育園の延長より30分伸びる。

放課後デイサービスは正直そこまで融通きかないのではなかろうか。

夏休みとか預かってもらえるのだろうか…。

 

おそるおそる調べてみると、平日預かり時間は19時半まで!(イエーイ)

長期休みも預かってもらえる!(イエーイ)

長期休みは17時まで!(ウエーン)

月額料金は放課後デイサービスの方が2,000円強安くなる!(ウェーーーイマジで?)

 

当たり前だけど、発達障害児童への配慮もしてくれそうだし

少人数制だし、もしかすると学童よりちょっといいかもなんじゃないの?

しかも料金が安くなるなんて!

 

ということでさっそく見学希望の連絡をしてみた。

すると、土曜も見学を受け付けてくれるとのこと。話が早いー!

 

ただ、保育園行事や予定が立て込んでいるため

見学は11月に入ってからになりそう。

 

でも、保育園みたいに待機とかあるわけでもなさそうなので

ここは焦らなくても良さそう。

 

見学に行くのが楽しみである。