読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

クリスマスの朝

日常

クリスマスツリーの下にプレゼントを見つけた子供達。

娘は「うまれてウーモ!」息子は「レゴクラシック」で大喜び。

 

その日はスイミングがあったので、急いで朝ごはんにして

スイミングから帰宅してからゆっくりおもちゃで遊びました。

 

ウーモは卵から孵化されるまでが意外に長く、飽きてしまった

娘は半分私にお世話を押し付けてました。育児放棄

 

なんやかんやで1時間くらいかかってようやく孵化してくれて

それからは、もうすっかりべったりとお世話をしています。

 

前評判で、孵化されるまでがウリのおもちゃなので孵化した後に

結局飽きて放置してしまう、という口コミを多少目にしていたので

心配してましたが杞憂だったよう。(逆に孵化までが飽きてた)

 

目が光って、その色でウーモの機嫌がわかるので、

寒いとかだっことか風邪ひいたとかいちいち反応してます。

まるで新米ママみたい(笑)

夜、寝る前にはちいさな箱にタオルを敷いてウーモのベッドまでこさえてました。

 

お風呂上がりにドライヤーで髪を乾かしながら

「サンタさん来てよかったね」と声をかけると

「うん、本当にすごくかわいい。大事な子。

サンタさんどうしてほしいもの分かったんだろう」

と話す娘の目にうっすらと涙が…。

 

サンタさんもとってもステキなプレゼントをいただきました。

娘よ、ありがとう。