読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

ボランティアセンターに連絡してみた

娘の通級送迎手段として、いくつか対策をたてているけれど

まずは選択肢が多いほうがいいということで

ボランティアセンターにこどもの送迎は頼めるのか確認してみた。

 

結論からというと、受付可能な案件とのこと。

ただし、いくつか条件を提示された。

  • ボランティアをする人は老人が多いので、体力的に厳しい面もあるかもしれない。
  • ボランティアなので、まずは本当にボランティア以外で頼れるところがないか確認してほしい。
  • 長期的な依頼ではなく、どうしてもの単発の依頼にしてほしい。

 

やはりボランティアということで、なんらかの報酬が発生しないため

ボランティアをする方としても、都合のいいタダ働き的な要素の

案件は受け入れられないとのこと。

 

送迎となると、いきなり初回は難しいので

テストケースで1回、それから初回ということになると思う。

 

ただ、複数の選択肢があると結局すべてに対して

面接やテストケースの負荷が生じる。

その分の日数を確保するのも難しいので、現実的に考えると

ボランティアセンターに依頼する可能性はかなり低めかなあと思いました。