読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

ワークライフバランスってやつ

日常

仕事が忙しく、週末に仕事を持ち帰る事が続いた。

家事も含めて時間に余裕がなく、子供たちがワラワラと膝の上に乗ってくるので

別の場所に避難して仕事する。

 

すると子供たちも追いかけて来て再び私の膝の上に乗り、終いには

その膝の上でケンカをしたりする。

 

そこで私もブッチーン。

イライラして怒鳴ってしまい、夜子供たちの寝顔を見て

泣いたりは…しない。

 

子供をきつく叱ってしまい、寝顔を見て後悔、というのは

育児あるあるほどによく聞く話だけど、なぜだか私はそう思うことがあまりない。

 

なんでかな?なんでだろ?

 

叱りすぎた、言葉がきつかった、と思うことはある。

ちょっと感情的になったな、って自分でも気づく。

 

でも、そういったことに後悔はない。

というかやっちゃったものは仕方ないし、大人だから母だから

いつでも正しく毅然と冷静でいられるはずというわけでもないし。

そういった理不尽な経験ゼロでこどもを社会に送り出す気も毛頭ないし。

 

さらにいえば、仕事をすることに対して「子供に申し訳ない」と

私は1ミリも思ったことがない。

 

子供は産みたくて産んだけれど、自身の育児力については懐疑的だったし

私自身のできることといえば、仕事くらいしか思いつかなかった…。

 

かといって、お医者さんとかそういった大層な仕事をしているわけでもない。

自分にしかできないものでは全然ないし、アイデンティティを仕事に

求めているわけでもない。

 

単純に仕事と育児(家事も含める)、どちらが得意か

と言われたら、まだ仕事の方が…ということだっただけだ。

 

なので、私にできることと言えば一生懸命働いてお金を貯めて

そのお金で、子供にとって良い刺激を与える環境や

経験を積ませてあげられるようにすることだと思う。

 

休日に仕事を持ち込むときもあるけれど、その時間は普段だらーっと

テレビを見たりネットショッピングしたりする時間を

仕事に充てているわけで、1〜2時間程度。

 

もちろんその後は子供としっかりお話したり遊んだり

かまったりするようにしている。

 

通勤時間1時間強のところにフルタイムで仕事って

人によってはワークライフバランスが取れないことになるんだろうけど

私はそんな感覚なので、まあまあ取れているのかなという気がする。

 

どちらかというと、ライフの中では主に子が占めていて

私、部分のプライベートが減少しているような気がするのが

今一番気になるところ。