読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

保育園でのトラブル

保育園にこどもたちをお迎えに行った時のこと。

 

先に2階にいる息子をお迎えに行こうと階段をあがろうとした時に

「ママー!!!」と叫ぶ声が聞こえた。

 

ぱっと振り返ると、そこにはひっくり返った年少さんの子と私に抱き着く娘。

 

そして、その場にいた保育士が娘を捕まえて「今ぶつかっちゃったよね?」と聞く。

 

そう、状況から見て私を見つけた娘は喜びのあまりダッシュをして

年少さんの子を突き飛ばしたらしい。

しかも、年少さんの子の親の前で…。

幸い年少さんの子は泣かず、けがもないようだったけれど。

 

わー、やってしまった!と思い、私もあわてて

「お友達にぶつかっちゃったんでしょ。きちんと謝りなさい!」と怒る。

 

するとそこで娘の意固地モードが発動してしまった。

 

娘は「もう謝った!」と言って、その年少さんにきちんと謝ろうとしない。

保育士の先生は娘と目線をあわせて、ゆっくりと語りかけをしていた。

しかし、娘は頑として謝ろうとせずただ押し黙るだけ。

 

年少さんの子はすっかり機嫌もとりなおして、くるくる遊んだりしてる。

そして、そのお母さんも様子を見守ってくださる。

きっともうとっくに帰っている時間なのに申し訳ない。

 

みんなその場をおさめたいのに、娘が謝ろうとしないので

10分20分時間は過ぎていく。

 

他のクラスの子たちがぞくぞくと帰っていき、「どうしたの?」

「せんせいーさよーならー」と保育士の先生に声をかけるも

先生は娘に語りかけ中で対応できず、それも申し訳ない。

 

とうとう、私も再度割って入り娘に

「謝るときはきちんと相手の目を見て伝えないと伝わらないよ、って

いつも言ってるよね?ちゃんと見て言えた?伝わってないよ?」と

コンコンと語りかけ、ようやく娘は「ごめんなさい」と言うことができた。

 

そして大号泣する娘…。

 

謝ることが苦手な娘。小学校に行ったら

こんな風に語りかけることができなくなる。

 

大丈夫かなーと少し心配になる。