読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

入学準備で買ったもの

入学準備で指定されたものを少しずつ揃えているので、買ったものなどのまとめ。

 

▼鉛筆 

WISC4の結果で処理速度が唯一の平均点だった娘。

字を書くのも早い方ではなく、左利きを右で書くようにしているので、

動きもどことなくぎこちない。

そのため、書きやすい筆記具は必須である。

 

というわけで、しっかり握れる形状としては三角形の鉛筆がベスト。

名前も刻印できるものを注文した。ちょっとしたイラストがかわいい。

 赤鉛筆の方は下の子と兼用できるように苗字のみ名入れした。

 

▼消しゴム

学校からはシンプルな白い消しゴム推奨。

定番のMONO消しゴムかなーと思ってたけど、娘の使いやすさ重視で

軽さがウリのエアイン消しゴムに。

ロハコで被災地の子供が書いたイラストデザインのパッケージが

可愛かったのも良かった。

 

まとまるくんみたいな、消しカスがまとまるやつも魅力的なので

問題なさそうならそっちも導入していきたい。

 

▼鉛筆削り

とにかく時間がないので削ることにストレスためたくなくて電動は必須。

電動ということで壊れやすいことも多い中、レビューで

そこそこ評判が良いものを中心に選んだ。

デザインも可愛いし、電池タイプでコードレスというのが予想以上に使い勝手がよい。

 

▼筆箱

学校からはシンプルな箱タイプを推奨。

デザインやおしゃれにこだわりがある娘はなぜか祖母のセンスを大絶賛して、絶大な

信頼を得ているため、祖母一押しの水色×ピンクのツートンカラーのものをチョイス。

祖母からの誕生日プレゼントということもありお気に入りの模様。

 

▼体操着

http://www.nissen.co.jp/sho_item/regular/sho_images/9100_14546es.jpg

指定ではなく白の丸首Tシャツ、紺のクォーターパンツならなんでもいいとのこと。

高学年になるとハーフパンツの子も多くなるらしく、

学年上がるとその頃の流行り物への買い替えを要求される可能性大。

 

ということで、安いものでいいかなーと探したらニッセンに安いのがあった!

学校あっせんの洋品店ではTシャツ3000円、

クォーターパンツ2000円なのにニッセンではTシャツも

クォーターパンツも1590円(しかも2枚組)。

 

▼防災ずきん

保育園では自己購入ではなかったので、新規購入。

ところで、防災ずきんって私が子供の頃からあるけど、

実際どんなシーンで役立つんだ?

正直落下物からヘルメットの方が良いのでは…。

 

ってことで、防災ずきんの役割について検索してみると

どうやら、ガラスの破片の飛散や、火事場の火の粉を避けるために必要らしい。

 

うん、イメージできてきた。

となると、中学生まで使うものだし娘は髪が長いので子供用のでなくてもいい。

そして、中綿が入ってなくてもいいけど、防火素材であることが重要。

 

ということで選んだのがアイリスオーヤマの防火ずきん。

なんといっても安い。2000円前後の相場に対して1000円!

 

 

とりあえず、その他にも粘土板や色鉛筆などがあるけれど

その辺は保育園のをそのまま使うので問題なさそう。

それにしても、早速鉛筆を家の中で1本失くしたので、入学してから

大変に不安である…。1ダースで足りるのであろうか。