読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

娘の卒園式

f:id:rynah:20170313124145j:image

 

先週末、娘の卒園式がありました。

 

去年同時期に娘は年中だったので、年長さんを送る側として

参加していたため、卒園式の歌を自宅でよく口ずさんでいたのですが、

その時点でうるうるしてしまっていたので、娘の卒園はさぞかし

大号泣であろう…と思っていました。

 

結果、じーんとすることはあれど涙は流せず…。

 

その理由は3つ。

 

  1. 卒園前に発覚した発達障害関連・入学準備のことなどで毎日が慌ただしかった
  2. 直前に娘がインフルエンザになり、練習も少なかったためきちんと式に参加できるかが心配だった
  3. 卒園式の保護者席の位置が悪かった

 

とくに最後の理由が大きかったです。

 

保護者席は指定席で名前順に並べてあるのですが、わりと人数が多い

保育園のため列もキチキチ。

卒業証書を受け取るために壇上にあがる以外はほぼほぼ

娘の顔を見ることができませんでした。

 

そんなわけで、少しでも娘の様子を見ようと人と人の隙間から

きょろきょろしてたため、感動する余裕もなく…。

 

まあそれでも、娘のお別れの言葉や歌声など聞くことはできたし

式の終了後のバルーンリリースなどは楽しく過ごせたし

お決まりの卒園式の看板の前で家族で写真もとれたし

おおむね満足な卒園式でしたけど(^^)

 

ちなみに保護者席では泣いているお母さんはもちろん

お父さんもいました。泣いているお父さんはみんな行事や

保育参観などの出席が積極的なお父さんで、やはり共に過ごした

時間があるからこその感慨なんだろうな~と思ったり。

 

さて、保育園が終わっても今日からまた日常の保育です(笑)

今年は3月31日が金曜日なので、その日が本当の最後の日になりますね。

残り少ない日数、娘が楽しい時間をすごせますように。