読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

グルキャンデビュー

グループでキャンプをすることをグルキャンって言うらしいです。

というわけで、娘と仲良しの保育園のお友達一家とグルキャンしてきました。

 

お友達一家は、テントをはじめとしたキャンプグッズも

しっかり取り揃えており、キャンプグッズと言えば

ランタンくらいしかない我が家と大違い。

 

なので、せめて別のことでお役に立とうと、

予約やキャンプイベントなどのタイムスケジュールは

私がメインでたてていきました。

 

2泊3日なので、キャンプ場でやっているイベントには大体参加してみたのだけど、

宝探しの冒険やバッジ作りなど、子供達にとっては楽しかったようで

良い体験になったかなぁと思います。

 

あと、もう1つよかったこととしては、

複数の家族で衣食住をともにすることは

子育てもシェアしているということで。

 

よく、自分の子だとイライラすることでも、よその子だとイライラしない

とは言いますがまさにその通り。

 

我が子以外の子供に対するフィルターを通して、

我が子に対しても客観的に見つめるいいきっかけになった。

近すぎるときっと余裕なくなるんだよね…。

 

あとは、誰かが子供見てくれてるうちに、夕飯の支度や火おこしなどができる。

一昔前の世代の大家族子育てのメリットをふんだんに感じれます。

 

そんな中で、息子は大はしゃぎで調子に乗り、普段自分のパパに怒られたら

一度でやめることを何度も繰り返し、一緒に行ったお友達のパパに叱られました。

息子ギャン泣き。でも、親以外に叱られるというのもとても良い体験です。

親的にも叱るという行為はエネルギーがいるので

叱ってもらってありがとうという感じ。

まあ、これは子育ての価値観的なところが

近い家族同士だからということもあるのですが。

 

バーベキューやキャビンでの寝泊まりなど

定番のキャンプでの楽しみも満喫したけれど、

それ以外の収穫も大いにあった連休なのでした。