読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

通級決定の通知が届いた

教育センターより、通級決定の通知が書面で届きました。

結果は先に電話で伝えてもらったので、すでに知ってはいましたが

改めて正式な決定となりました。

 

なお、通級の教室の決定は1月ということで、後日決定したら

お知らせが届くらしい。

通級先の小学校の決定のみなのか、それとも通う予定の曜日や時間も

決まるのか、どちらなのだろうか?

曜日や時間は早めに決まるといいのだけど…。

 

また、今回の就学相談の結果については幼稚園や保育園に連絡はしないとのこと。

必要に応じて保護者が連絡するようにと記載してある。

 

これは個人情報的な意味であえて連携を取っていないのだろうけれど

発達障害児の子育ての中で各機関との連携や調整はすべて

親が担うことになるので、親の行動・情報量に委ねられる部分が大きいなあと感じる。

 

全然違う話になるけれど、娘を出産した時に母乳にミルクを足すか否かで

小児科医と助産師の意見がまっぷたつに割れたことを思い出す。

 

結局数多ある情報から取捨選択をして、子供に適した道筋を示すのは

親次第なんである。