読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達凸凹娘との日常

2017年度に小学校入学の娘がいます。2016年10月中旬にまさかの発達障害指摘!色々もがいてるなうでございます。

最初の気づき

うちの子、正直手がかかる…

って初めて思ったのは、生後まもなく。

 

「女の子は育てやすい」って聞いたから期待してたし

私自身も赤ちゃんの時はよく寝るおとなしい子だったらしいし。

 

なのに、娘ときたら泣くわ寝ないわ。

 

育児の限界を何度も感じたけれど、

インターネットの中には、同じように苦労している人も

たくさんいたので、まあこんなもんだよね…と

眠い目をこすりながら、泣き止まない我が子と格闘する日々。

 

それでも、はいはい、よちよち歩きも順調。言葉の出始めも早くて

月日が経つごとに泣くことは少なくなり、ちょっとずつ楽になり育児が楽しくなる。

2歳になる前までは毎日「昨日の君より今日の君が好き」状態だった。

 

2歳頃から、自我が芽生えて俗に言うイヤイヤ期かもーん。

他の同じ月齢の子と比べると、気が強く、癇癪も強く、イヤイヤも激しい。

 

保育園の面談でも、紙芝居などで娘だけがじっと座れずウロウロしている

との指摘だったので、今まで思ってた「うちの娘ちょっと育てるの大変」な

気持ちが、初めて疑いとなり、3歳児健診の時に発達相談をしてみた。